禁煙することにはさまざまなメリットがありますが、食事が美味しく食べられるようになることもその一つです。
タバコを吸っているときには気付きにくいですが、禁煙をすることで、食事本来の楽しさを味わうことができるようになります。

禁煙をすることで食事が美味しく感じられることにはしっかりとした理由があります。
その一つがタバコをやめることによって、食欲が増進されることです。
なぜタバコをやめることが食欲が増進するかといえば、タバコの中に含まれている成分が、食べ物を消化するための器官の働きを阻害する力を持っているからです。

タバコの煙の中に含まれているニコチンが体内に吸収されると、全身の血の流れが悪くなり、それによって消化器官の働きにも悪い影響を与えてしまうからです。
そのために、禁煙をして二コチンを体内に入れないようにすることで、血液の流れをよくして消化をしやすい体を作ることで、食欲を増進させて、食べ物を美味しく食べることができます。

禁煙をすると食べ物が美味しくなる理由には他に、喫煙によって損なわれていた味覚が回復するという理由もあげられます。
タバコの煙にはタールの臭いがついていますが、このタールが喫煙により舌や鼻の粘膜に付着することで、食べ物の味をわかりにくくする原因になっています。
禁煙をすることで体の奥にこびりついたタールを抜き去り、食べ物に対する本来の味覚を回復することができます。

その他に、禁煙により食欲が増進する理由としては、血圧が低くなることとも関係があります。
喫煙は体内の血圧を上昇させる働きがありますが、血圧の上昇は同時に空腹を抑える効果があります。
そのために、タバコを吸っている人は吸わない人と比較して食欲が少ない傾向にあり、それが食事の楽しさを損ねる原因となっています。

禁煙をすることで食事を楽しむことができるようになりますが、食べ過ぎると太る可能性もあるので、太るのを防止するために適度な運動をすることも必要です。
運動をすることでさらに食事を美味しく感じさせるメリットがあります。

禁煙したいならチャンピックスで開始してみる

禁煙をしたいけれど、受動喫煙などによってタバコの煙を吸ってしまい、なかなか思い通りにタバコをやめられない人は、医師に相談することで禁煙を手伝ってもらう方法もあります。
病院では禁煙をするための専門の治療薬を処方してもらうこともでき、ファイザーが販売しているチャンピックスという禁煙治療薬が特に有名です。

ファイザーのチャンピックスが禁煙治療薬として特に有名なのは、飲むだけでタバコを吸いたいという気持ちが減少するからです。
タバコを吸ったときに気持ちよいと感じるのはニコチンが体内に吸収されることによって、体内から特定の物質が分泌されるからですが、この物質の分泌には特定の受容体が大きく影響しています。

チャンピックスの中に含まれている物質が、この受容体に吸収されることで、タバコを吸ったときと同じように、心地よさを感じる物質が分泌されます。
それが喫煙者がタバコを長時間吸わなかったときに現れる不快な症状を緩和させる働きがあります。

チャンピックスがタバコをやめるために効果的なもう一つの理由は、タバコの味自体が美味しく感じられなくなることです。
タバコの中に含まれているニコチンが体内の組織に吸収されることを防ぐために、受容体に吸収されたチャンピックスの成分が、ニコチンと受容体を吸収させにくくするという働きもしているからです。
そのためにタバコを吸っても、ニコチンが吸収されないために、心地よさを感じさせる物質が分泌されなくなるため、タバコを吸っても美味しく感じられないようになります。

このようにしてチャンピックスはタバコを吸わないことからくる不満と、タバコを吸うことの満足感を同時に減少させる働きがあるために、受動喫煙をしやすい環境にいても、禁煙をしっかりと補助することができます。